ベランダ観測

短時間でも、星が見えそうな時間がある予想なので、明るい内から準備。

【準備完了】

【機材】

  • AZEQ5GT
  • FS60CB+エクステンダx1.7+OAG(f:600mm)
    • OAG.
      • 主カメラ ASI183MC Pro 冷却00℃
      • ガイドカメラ ASI120MM Mini
  • 光害フィルタ
    • Quad BPフィルター
  • ラズパイ4(8GB) StellarmateOS_1.5.4
  • 有線LAN接続:ラズパイ4~有線LAN~メインルータ~有線LAN~MainPC(VNC接続)

【取り敢えず、星来た!】

【画像】

今夜は、Stellarmateがまともに動くかのテスト。また、雲が頻繁で出て来るので、Dark画像も撮ってない。

  • M20

【メモ】

  • Stellarmateは、特段の不具合もなかった。
  • 観測を終了してから、SSDメモリーに画像を移し替えるのが面倒だし、観測の度に、38MBも有る画像、何十枚・何百枚マイクロSDに書き込むだけで、お陀仏になるのは、時間の問題か。
    • ネット経由で、ファイルを転送するとか
    • 最初からポータブルSSDを、書き込みディレクトリーにして、観測が終わったら、引き抜いて、MainPCで画像処理。これで行くかな。
      今朝方、またまた、星が出ている時間があったので、ポータブルSSDをラズパイ4に接続、作ったディレクトリに書き込むようにセット。
      (ポータブルSSDは、/mediaにmountされる)
      試験的に、キャプチャーモジュールで10枚程星を撮った。
      ネットワークをsambaなどで繋いでも良いけど、時間が掛かり過ぎ、その間天体観測終了の片付けも出来ない。(;^_^A
      そんな訳で、shutdownして、ポータブルSSDを抜くだけの方法で当面試験する予定。
  • 今日は、全体で5時間以上、Stellarmateに電源を入れていたけど、ケースは冷たかったので、放熱の問題は解決したか。

オヤジ について

昔、柔道4段・剣道3段をいただいた切り、何も貢献できてません。 最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。LINE、FBは、本当、危険なのでやりません。 愛読紙:米国紙1、日経1、神奈川1、夕刊フジ1
カテゴリー: FS60CB, ベランダ, stellarmate, 機材, トラベル三脚(改造), 天体観測, AZEQ5GT, ASI120MM Mini, ASI183MC Pro. パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。