Ekos マウントモジュールのコントローラーが「変!」

Ekos マウントモジュールのコントローラーが「変!」

10-23-2020 追記

05時頃から、ベランダのAZEQ5GTにつなぎ、テスト開始
4時間経過したけど、ハンドコントローラーの反応は、瞬時に赤に反転。
問題なさそうだけど、夕方まで、電源入れっぱなしにしよう。

夕方まで、トータル12時間経過したけど、反応は瞬時なので、安心した。


これは、お馴染みのEkosマウントモジュールにある画面表示のハンドコントローラー。

この現象はオヤジだけかも!

ラズパイ4(8GB)上のStellarmateを、ベランダ・ニワトリ観測で1時間・2時間・・・と使っていると、マウスを矢印の上に乗せて左クリック。
すると、矢印が赤に反転(この時点で赤道儀は動き始める)するのだけど、タイムラグひどい。
ラズパイ4の電源を入れて直ぐは、タイムラグは殆どない。
1時間も経過すると、矢印を押して1秒も2秒経過してから赤道儀が動き出す。(汗)
例えばM81で自動導入中少し動かして、M81とM82の真ん中に赤道儀を向けたい時 、ボタンを押してもタイムラグがでるので、行き過ぎてしまう。(汗)
これが、赤道儀のテストや、手動で導入する場合に、結構、面倒で面倒で。

昨日、ノートPC(4GB/64GB SSD)にubuntu20.04TLSを入れ、最新のINDI Lib.を入れて比較テストをしてみた。
ところが、このノートPCだと、5時間経過しようが10時間経過しようが、矢印を押して赤道儀が動き始めるまでにタイムラグは0.1秒も無い。(笑)

Windowsの事は詳しくは知らないが、昔、Windowsを起動して時間が経過すると、onメモリを使い切ってしまい、だんまりとか、マウスの移動が極端に遅くなるとか有ったけど、それに近いのかも。

まっ、単純に、

  • ラズパイ4(8GB)上のstellarmate(v-1.5.4)
  • ノートPC(4GB/64GB SSD)上のubuntu20.04/INDI Lib.

では、比較のしようがないので何とも言えないが、こんな事になった。

で、ノートPCをそのまま現用機にしようと思っていたけど、Windowsのサブ機として、今年の春に買っていたミニPC、全然使わないので、Windows10Proが入っているのだけど、躊躇なくubuntuを入れてしまった。(笑)

vncのリモートデスクトップも上手く繋がり、24時間経過テストしてみたけど、赤道儀は目視できる2mのベランダなので、タイムラグは全く発生しないことを確認。

と、言う訳で、

  • ニワトリ観測用:ASRock Intel H110搭載 ベアボーンPC Desk Mini 110/B/BB
    メモリー16GB SSD 256GB
  • ベランダ観測用:MINISFORUM U700ミニPC
    メモリー8GB SSD 256GB

Stellarmateと言うかラズパイ4(8GB)は、暫くお休みしてもらう事にした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。