ATX電源でDC12V/30A電源を作った

良くネットを徘徊してると、ハードウェアーをアップデートして不要になったATX電源を使って、簡単なDC12V電源にするDIYが載っている。

オヤジも、今回のメモリ128GBの関係で、500W電源が不要になるのだけど、他に使いみちもなく、

  • 前半は、再利用出来るか
  • 後半は、DIY

DC12Vは、黄色
DC  5Vは、赤色
DC3.3Vは、オレンジ

と、成っているけど、12V以外、天体観測じゃ使わないし、ノートPCもDC12Vを19.1V位に昇圧して使っているので、12V以外のリード線も切断。

簡易DC12V/30A電源を確保。

24ピンの緑と黒線を確認。
繋いで、電源をいれるとFANが回ることを確認

使えそうなので、要らない線をバシバシニッパーで切る
ショートすると不味いので、テープで絶縁

5年分のホコリが、FANは特にすごい!

ちょいと低めの11.9V。
特段不都合はないけど、5Vラインに負荷抵抗をいれると、持ち上がるようだ。
ボリュームが無いので、何時かヤッてみよう。でも11.9Vでも何も問題なし。

そんな訳で、穴あけ1つもやらないで、電源完成。

 

 

 

オヤジ について

昔、柔道4段・剣道3段をいただいた切り、何も貢献できてません。 最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。LINE、FBは、本当、危険なのでやりません。 愛読紙:米国紙1、日経1、神奈川1、夕刊フジ1
カテゴリー: DIY パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。