DAHON K3ビッグ・アップル幅広タイヤ干渉(解決)

2020-11-13 追記

自転車仲間ののりさんのご指導もあって、RDの1本のネジを締めたら、な な 何と、ギアがタイヤに干渉するのは、見事に無くなった。
チェーンを1コマ・2コマカットして成功されたかた等など、どうも、K3個体差があるのだろうか。

近場を数キロ走って見たが、変速が気持ちよく成功
明日からは、朝練本番でK3を使いたい。

 


タイヤ14-20が、ネット徘徊したけど1本(仏式チューブは2本買えた)しか調達出来なくて、後輪を替えてみた。
指力が、随分落ちた。(汗)ジジイになったからだろうな。(笑)

一応、指力だけで、タイヤを入れることができたが、もう、指に力が残ってない。(爆)

RDは、調整する必要はないけど、ブレーキは、調整が必要。
それ以前に、ホイールを納める時、エアーを抜いてからセット。

無事、三段、変速も上手く行くので、あれま、簡単じゃんと思ったら、一番ホイルに近いギアの時(走ると、一番軽いギア)RDの一番下にあるプリー先端(金属部分)がタイヤに接触してる。

1~2分、タイヤを回したので、ゴムの粉が出ている。

ネットで、検索したら、チェーンを2コマ切ったら干渉しなくなったと言うblogを拝見。
まあ、オヤジの小径と条件が同じか分からいけど、明日、チェーンを引っ張ったら、干渉しないか、テストしてみる。

今夜は、ここまで。

オヤジ について

昔、柔道4段・剣道3段をいただいた切り、何も貢献できてません。 最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。LINE、FBは、本当、危険なのでやりません。 愛読紙:米国紙1、日経1、神奈川1、夕刊フジ1
カテゴリー: 自転車, DAHON K3 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。