AZEQ6GTニワトリ場所で、断末魔鳴き再発

重たい思いをして、部屋に運び込み一泊二日で50回もテストしたのに、何も再発セず。
昨日、AZEQ6GTをニワトリ場所のピラー脚にセット、日差しも出てきたので、MacBook ProのINDI/Ekos/KStarsで操作した。

  • 1度目は北極の近くから、星図上の方位 252.304゚ 高度 61.362゚の北北東までGOTOをスタート。
    今日は、鏡筒もウェイトも載せない状態で、早速、再発一回目。
    音は小さいけど、断末魔鳴きの音!
  • 2回めは、北極から西廻りで方位 1.221゚ 高度 9.875゚の南(西側)
    今度は、最初にRAが動くけど、動いたり・停まったり、方位10度位で繰り返し。

10回程、色々テストしたけど、全部、再発する。
一応、電源も疑って、コレに切り替えたが、同じように何度も再発する。(汗)

と、言う事で、メカの問題らしいので、ショップさん送りにする。
午後、箱詰めか。
代わりに、AZEQ5GTを載せた。

疲れる赤道儀。
色々コメントをいただいた、T-Studioさんもタックさん、飛んでもない事に引っ張り込んでしまい申し訳ありませんでした。

それから、Slew Rateですが、貼り付けたINDIコントロールパネルの写真の通り、GOTOの速度はx800のままでした。確認!

オヤジ について

昔、柔道4段・剣道3段をいただいた切り、何も貢献できてません。 最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。LINE、FBは、本当、危険なのでやりません。 愛読紙:米国紙1、日経1、神奈川1、夕刊フジ1
カテゴリー: 機材, AZEQ6GT パーマリンク

AZEQ6GTニワトリ場所で、断末魔鳴き再発 への4件のフィードバック

  1. onohara toshiaki のコメント:

    はじめまして、AZEQGTユーザーのnobolimathと申します。
    断末魔の異音聞かせてもらいました。初めて聞くと驚きますよね。私のAZEQ6GTは電圧降下でこの異音が発生します。12V4Aと書いてありますけれど、高速移動のときには5Aぐらい流れているような印象です。遠征で車載バッテリーでBITRANの冷却カメラを使っているときに、子午線をまたいで対象天体に高速移動させたら発生しました。

    http://naka-ma.tea-nifty.com/butubutu/2016/12/post.html

     この方も同じことを書かれています。高速旋回の後半でそうなることが多かったようです。今は10A対応のAC-DCコンバーターを使っているので、よほどのことがない限り、この警告音を聞くことはありません。参考になるでしょうか。

    • オヤジ のコメント:

      nobolimathさん
      貴重なご意見ありがとうございます。
      電源は重要ですね。
      今、一番重い鏡筒は、この赤道儀に載せることにしてますが、過去、20kg以上搭載可能なCelestron社の3台を使ったことがありますが、電源は弱かったです。近所の工務店で電動工具を使うと、赤道儀がノイズ受信機に変身。
      pi—とか成りながら、ウェイトが付いているのに、静観してたら、勝手にウェイトが上を向く手前まで行きました。危ないので、電源を切ったのですが。
      前置きが長くなりました。(反省)
      オヤジは、障害記録は駄文ですが、結構、真面目に記載しているので、次のページ(これから書きます)で、断末魔発生と、その時に使ってた電源について書きたいと思います。
      検索で、@っと言う間に記事は集まると思います。
      申し訳ありません、本日の昼前には、記事を載せていると思います。

  2. タック のコメント:

    オヤジさん、

    nobolimath さんのアドバイスも大変有効なものだと思います。
    私も今年 OnStep 基盤を作成しステッピングモーターの試験をした際に、当初 12V 1.5A のDC電源を使用していたのですが、ステッピングモーターの動きが不安定だったので、12V 3.8A のDC電源に変更したところ安定してきました。OnStep 場合 Slew Rate が変更できるので 調整範囲が広いのですが、 EQMODの場合 Slew Rate が固定なので電流調整は有効な対策ではないでしょうか? 

    • オヤジ のコメント:

      昨夜は、PHD2の勉強をして、何度か失敗して緑十字が出たら、相模湾からの低空のモクモク雲にやられ、閉店。
      4時に目が覚めました。(笑)

      nobolimath さんのアドバイス、本当にありがたいです。また、紹介してくださったURLも後ほど拝見(可也詳しく書かれてる)して、記事をまとめたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。