ベランダ観測

昨夜は、23時に起きる所02時になってしまい(汗)、オリオンなどの撮影対象多数が小窓を通り過ぎ。(汗)
M46回りを取って、PHD2をテスト。

昨夜は、ubuntu20.04.1TLSのPHD2(2.6.9 dev2)でPHD2のテストをしていたのだけど。今度はマウント=INDImountを画面は出るのだけど、選択することが出来ず、悶々の1時間が経過。

他にも、「Use multiple stars」は、設定してもレ点がハズレてしまう「calibration step」は600を1500に設定し直すが、これも初期値?の600に戻ってしまう。

ノートPCを再起動して、最初からやり直したら、mountも選択できるようになって、何とかマルチプルスターでオートガイドがスタートできた。
設定してOKを押しても設定が外れるのは、心臓に悪影響。(笑)

【機材】

  • AZEQ5GT
  • FOT85+OAG.
    • 主カメラ ASI294MC Pro +QBPフィルター
    • ガイドカメラ ASI174MM Mini
  • ノートPC
    • MacBookPro /KStars
    • Asus INDI/Ekos/KStars

真ん中付近にチッコイ惑星状星雲ngc2438も見えるな。

【メモ】

  • MacBookProでPHD2は、やはり駄目だな。諦めた
  • やはり、ubuntuは、PHD2を除けば安定、特にsolveは「え!もう導入したの?!」な感じ。
    PHD2も、次期バージョンまではubuntuで観測するしか無いかも。
    設定がハズレてしまうのは、気が付かないので、あれは困るな。(笑)

オヤジ について

昔、柔道4段・剣道3段をいただいた切り、何も貢献できてません。 最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。LINE、FBは、本当、危険なのでやりません。 愛読紙:米国紙1、日経1、神奈川1、夕刊フジ1
カテゴリー: ASI294MC Pro., ubuntu, Filter Drawer, ASI174MM, ベランダピラー脚, FOT85, 機材, 天体観測, AZEQ5GT, リモートデスクトップ パーマリンク

ベランダ観測 への2件のフィードバック

  1. k のコメント:

    おはようございます。

    昨夜、私はオヤジさんと入れ違い?に1時頃まで起きていましたが、雲中断→再開の繰り返しに疲れて寝てしまいました。 2時起きは正解だったかもしれません^^

    でも確かにその頃には、華やかな冬の星々は西空に傾いてしまっているでしょうか・・
    散開星団の中の惑星状星雲、面白いですね!

    • オヤジ のコメント:

      kさん、おはようございます。
      そうでしたか。普通、夜ふかしが得意な方がおおいですよね。
      オヤジは、早寝が得意と言うか、夕食食べるともう駄目、瞼の母です。
      kさんの所は、真上から東西の南側が開けているんでしたよね。
      羨ましいです。
      ここは、仮住まいなので文句言えませんが、本当に狭い宇宙への窓。
      基本的に、PHD2のテストとかOAGのピント合わせとか、ニワトリの予習ですね。
      今年は、こんなに気温が下がっているのに、雲は盛大にやってきますね。(汗)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。