改良形、乾燥空気パイプ

ニワトリの観測環境をみなおして、@っと言う間に準備OKで、@言う間に閉店できる。
そんなニワトリ環境の第一弾は、乾燥空気パイプ。

「憧れの天体撮影(DRAGONDEMAND)」さんの全てパクリの産物です。
何故、パクらせていただいたかと言うと、細長い形で、ピラー脚に縛り付けると、簡単に乾燥空気を鏡筒に送ることが出来、作業も省力化できる。
ありがとうございます。

塩ビの透明のパイプがあるようだけど、田舎のDIYには無く、でも、透明じゃ無くても、数ヶ月に一度は、定期的に乾燥させるためシリカゲルを出すので問題なさそう。
でも、只の筒で、何者かは分からないな。(笑)

 

 

 

 

 

こんな感じで組み立てる。シリカゲルは1.5リットルあるので、塩ビパイプは50cm強!

配線も非常に簡単

パッキン付きの蓋が有ったので、取り付け。
電子レンジでチンするときは、この蓋を開けてシリカゲルを取り出す。

下の写真
一番右の赤から黒までが、12L/Minのポンプが入ってる。
次の赤までは、荒いフィルターを付けた。
直接、ポンプの吹出口を差し込んでも、そこにシリカゲルが入ってしまうことを何度も経験してるので、フィルターの外側からポンプの吹き出しエアーを出す。

右側の2番めの赤から、左まで、50cm程。
通電してエアーの具合うを確かめたけど、文句無い!

ポンプの仕様では、12L/Minかなり強力な風が出てる。
消費電力は、12Vで0.8A位なので10W弱。

下の写真、丁度良いゴムパッキンの付いたねじ込みの蓋があったので購入。
ここから開けて、シリカゲルは電子レンジでチンする。

オヤジ について

昔、柔道4段・剣道3段をいただいた切り、何も貢献できてません。 最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。LINE、FBは、本当、危険なのでやりません。 愛読紙:米国紙1、日経1、神奈川1、夕刊フジ1
カテゴリー: 機材, 乾燥空気BOX パーマリンク

改良形、乾燥空気パイプ への2件のフィードバック

  1. dragondemand のコメント:

    オヤジさん
    お久しぶりです。
    ブログのコメントは少しサボリ気味のdragondemandです(^^;;
    ナイス!ライトセーバー!∩^ω^∩
    我が家の近隣ホームセンターでは普通に透明の筒は有るのですがねぇ
    うーーん残念。
    でもオヤジさんの事だからきっと入手して作り替えるのだろうなぁ。。て言うかもうWebで注文してるような気がするw
    この乾燥空気発生装置はコンパクトでパワフルで理にかなった構造でdragondemandお勧めの武器です。
    記事にしてくれてありがとうございます。
    後でお礼のオヤジセーバーステッカー送っておきます?!

    • オヤジ のコメント:

      >我が家の近隣ホームセンターでは普通に透明の筒は有るのですがねぇ
      ジョイフル本田ですか。なつかしーーーーー
      独身の時4年、3年空白があって、結婚して8年。我孫子にはお世話になりました。(笑)
      お陰様で、下から火吹き竹で、ぷーーーーって、吹いてるだけなので、チューブの折れ曲がりも無く、思い切り、上から乾燥空気がでますね。
      このアイデアに辿り着かなかったら、今頃、何度も何度も作り替えてるかもです。
      少し長いですが(笑)、ピラー脚に添わせることもできたので、万々歳です。
      わーーー、オヤジセーバーステッカー楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。