ベランダでFS60CB+MacBookPro.

2020-1227 追記

やはり、ダークの取得で、Warningが出て、ならば、ダーク無しでガイドをと思ったが、ダークが無いからだめーーーーな警告。
寒空のベランダなので、早々と諦めたのだけど、起床したら「はだびず」がたくたく落ちるぜ。(汗)
MacBookPro.は、暫く休眠。


先日、MacBookPro.でPHD2 v2.6.9 dev2を使ったら、どうしてもDarkファイルを作れないワーニング。

ガイドカメラは、ASI174MM Mini なんだけど、翌々、本家の説明を見ていたら、
PHD2 is now compatible with macOS Catalina. Download here

うかつにも、アップデートを自動でする所にレ点が入っていて、今、Big Sur バージョン11.1(最新バージョン)になってしまった。

もしかして、何か勘違いもあると思い、今夜はベランダでPHD2のダークを再度撮りたいと思ってる。

昨夜もそうだけど、相模湾の海沿い、未だに天気が安定しなくて、薄雲に15分30分で、全天薄曇りに成ること多々。
もう、真冬で、普通は安定しオリオンなどは光り輝いて星座が見える次期なのに、真ん中の三ツ星さえ、目を凝らさないと見えない有様。
って、ちょいと、愚痴を振りまいて。(笑)

【準備完了】

【機材】

  • AZEQ5GT
  • FS60CB+マルチフラットナー
  • OAG.
    • 主カメラ ASI1600MC Pro.+Comet BP Filter
    • ガイドカメラ ASI120MM Mini
  • PC MacBookPro.(16GB/SSD 250GB)

 

オヤジ について

昔、柔道4段・剣道3段をいただいた切り、何も貢献できてません。 最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。LINE、FBは、本当、危険なのでやりません。 愛読紙:米国紙1、日経1、神奈川1、夕刊フジ1
カテゴリー: MackBook Pro., ZWO EAF, Filter Drawer, FS60CB, ベランダピラー脚, 機材, ASI1600MC Cool, AZEQ5GT, ASI120MM Mini パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。