ニワトリでSD115S

SD115Sをエクステンダーを使ってf:890mmにセットしたのだけど、光路長をあと1mm短く出来ないで、悶々とペンディングになっていた。

もう、切り詰める所が無く、暗礁に乗り上げ。

奥の手で、

ASI071MC Proのセンサーは、面から17.5mm
ASI294MC Proのセンサーは、面から6.5mm
ただし、ASI294MC Proには、アダプター(光路長5mm位の付属品)があるので、
17.5mm-6.5mm-5mm=6mm これだけ短くなれば、間違いなくドローチューブの端でピントが出るはず。
結果は、目出度し目出度し。
見た目、ドロ‐チューブは完全に中に入ってる。(笑)

気分を良くして、撮影モードに突入したけど、

  • 2分の30枚で撮影開始、しかし、一時間後、部屋から見に行くと5枚でストップ原因分からず(汗)
  • もう一度、2分30枚、同じ10分/5枚で止まる。
  • 今夜は、ubuntuのINDI/Ekos を使った。
    何故か、省電力が有効になっていて(汗)、ノートPCがお休みになる時間が2分x5枚=10分で停まっていた。
    原因が解ってホッとした。 
  • と、言う訳で、2時間を無駄にした。

【機材】

  • AZEQ6GT
  • SD115S f:890mm
  • OAG
    • 主カメラ ASI294MC Pro+QBP Filter
    • ガイドカメラ ASI174MM Mini
  • ASUSノートPC(16GB+128GB)INDI/Ekos/KStars
  • 乾燥空気

【M42】

60秒x20枚、しかし、何時止まるか分からないので、ずっと外にいた。(笑)
バーティノフマスクで、ジャスピンなので、特段、四隅の星が歪んでいるようには見えないし、むしろ、円いな。(笑)

【メモ】

  • SD115Sで、やっとf:890mmでOAGをセットすることができた。
    もしかすると、ギリギリなので、夏になるとまたピントが出ないかも。
  • 2時間も損をした今夜、誰が犯人って、ノートPCの節電設定のままだった>俺だ(汗)
  • テーブルが夜露で濡れて凍り、その上に置いていたノートPCは、パリパリっと外し片付けた。
    こんなの、初めての経験!(汗) 寒すぎ!だ。

正月4日目で、目出度し目出度し。

オヤジ について

昔、柔道4段・剣道3段をいただいた切り、何も貢献できてません。 最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。LINE、FBは、本当、危険なのでやりません。 愛読紙:米国紙1、日経1、神奈川1、夕刊フジ1
カテゴリー: ASI294MC Pro., ubuntu, ZWO EAF, Filter Drawer, ASI174MM, 機材, INDI, コンクリートピラー, AZEQ6GT, 天体観測, SD115S, 乾燥空気BOX パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。