ピラー脚小屋 2021-0102

年末年始のDIYなど作業

↑これの、4番5番の計画変更だけど、絵を書いたりするのが苦手なので、ネットから写真をお借りした。(笑)その方には、コメントを置かせて貰った。

ピラー・赤道儀・鏡筒は常設(たまに気分が変わって鏡筒を替える)で、上の3枚の写真のようなイメージ。
ピラーハウスが移動する形が良いと思っている。
でも、ニワトリで使っているニコンピラーは台風19号で、赤道儀+鏡筒は載せて無かったのは幸いしたが、東風の直撃を受け倒れた。今も信じられない。

台風19号唯一の被害(笑)

なので、

  1. 移動はできるようにしたいけど、レールのような物の上を動く形で、ハウスは、屋外に置ける稲葉の物置のちっこいの、を物色してる。
  2. 床は、コの字形にしないと、ピラーを仕舞えないので、ここも宿題。
  3. 更に、屋根からは、丈夫なスチールワイヤーで、四点留めにする。(これは、台風が近づいた時だけ)
    普段は、そよ風でも倒れない構造。
  4. 幸い、重い鏡筒を苦労して赤道儀に載せた経験から、グラウンドレベルから90cm程度の所が赤道儀の底辺にしてある。
    先日、SD115Sを水平に置いたり、垂直にしたり。
    基本水平で良いと、余裕をみても140cm程度でOK。
  5. ハウスの横幅は、ピラーの根本+50cmで120cmもあれば。なにせ、ハウスを移動式にするので、作業する時は邪魔物は無いので。
  6. ピラーハウスの防水を、どう実現するか。
  7. 家に出入りする職人さんの意見も聞きながら、夏までには、何とかしたい。

 

オヤジ について

昔、柔道4段・剣道3段をいただいた切り、何も貢献できてません。 最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。LINE、FBは、本当、危険なのでやりません。 愛読紙:米国紙1、日経1、神奈川1、夕刊フジ1
カテゴリー: ピラー脚小屋, DIY, 日記 パーマリンク

ピラー脚小屋 2021-0102 への2件のフィードバック

  1. タック のコメント:

    オヤジさん、 おはようございます。

    ドームでない場合はどうしても台風の季節にビクビクものですよね。

    >屋根からは、丈夫なスチールワイヤーで、四点留めにする 

    私の簡易観測所はベランダのデッキの手すりにロープで固定します。それでも風圧で揺れるんですよね。最近は台風前に、観測所壁に斜めに防水シートを張っています。こうすることにより風が観測所の壁に直撃せずシートの斜面に沿って逃げていくようになるので、かなり改善されました。オヤジさんのところであればスチールワイヤーの装着で完璧だと思います。

    • オヤジ のコメント:

      >ベランダのデッキの手すりにロープで固定します。
      努力されてますね。それで、無傷ではないでしょうけど、耐えることができてる。素晴らしいです。

      オヤジは、何も載せてないピラー脚が台風で倒れた・・・トラウマになってます。
      台風の風と雨、両方厄介ですね。
      完璧な防水は、難しいので、台風時は、部屋に避難ですかね。
      暇とコロナ禍で、毎日家にいるので。(汗)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。