ピラー脚小屋 2021-0114

 

最近、天体観測以外で寝られない日が続いてます。(爆)
それは、ピラー脚小屋(命名が、後ろ戻り(笑))、そう、ピラー脚小屋にしました。

小屋作りには、色々な方法がある。

  1. 屋根を開放して観測をする。
    市販のキットのような小屋を買って、屋根部分だけは取り外しできるように改造
    面倒臭い(汗)
  2. 小屋に車輪を付け移動式にして、普段は、ピラー脚を覆っていて観測の時は、小屋を移動
    これも、床面にピラー脚を覆うU字形の床を作ったり
    これも面倒臭い(汗)
  3. 今日現在有力なのは、台風直撃でも持ち堪える事は機能仕様に盛り込む。
    単管パイプで作る。
    垂直な四面の構造、
    屋根部をどうするか
    四面と屋根部の防水性をどう確保するか
  4. この方法でやる場合の防水シートを特注できる所を探す

小屋の大きさは、面積的に2.0m(横) x 1.5m(奥) x 1.5m(高)・・・販売している単管パイプの規格。

https://www.komeri.com/contents/event/14_pipe/

こんな感じかなあ(動画)
https://www.komeri.com/komeri-tv/howto/0229.html

ネットで見つけた画像、屋根部分(白い所)は、特注だな。

とにかく、台風が怖いので、なるべく小さく丈夫、しかも、観測の時は簡単に屋根を開放でき、更に、観測終了時は眠いので、早く復帰できる構造・・・が基本かな。

コロナ禍の中、出歩かないようにはしているが、職人さんが買い物するDIYの単管パイプ売り場は屋外なので、さほどでもない。
一度、ブラリ、言ってこよう。
防水シートは、ネットで検索

オヤジ について

昔、柔道4段・剣道3段をいただいた切り、何も貢献できてません。 最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。LINE、FBは、本当、危険なのでやりません。 愛読紙:米国紙1、日経1、神奈川1、夕刊フジ1
カテゴリー: ピラー脚小屋 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。