ドームが来る前にひと仕事の5

2021-0224 追記

ドーム屋さんの作業の邪魔なので、根太(4個)を外に積上げた。

ドームが設置された後の作業手順

  • 根太(1/4~4/4)をドームに入れる。
    確か、チョークで書いた円は、直径270mmの丸なので、もしかすると、根太の根本を少し切断することに。やってみないと解らない。(汗)
  • その後、根太がガタガタ隙間があるようなら、適当な材料を差し込んでガタガタを無くす。
  • 床材、計算では1×4材が32枚必要になるが、今、22枚。
    1×4材は1900mm、スカートの内径は、多分、2600mmなので、板が壁にぶつかる事はないが、低姿勢な作業なので、腰に来るので休み休み。
  • 全部床板が貼れても、床下配線等があるので、当面はビスで固定は止めて置こう。
  • 水性の床塗料を塗って、1日放置
  • MacMini(AC100V) + DC12Vの電源据え置き
  • スカートの内壁に、リモートデスクトップ用のMacBookPro.を置く台+キャスター付き椅子を用意する

まだ、モニターカメラとかWiFiとか、床の回りの目隠し処理とか、色々。
最大の宿題は、ドームを電動化したいので、その辺のお勉強。


2021-0223 追記

DIY3連荘で、腰が痛重い。
一通り、現場は、早朝、掃除・整頓したので今日は骨休め。
とは言っても、一日中ゴロゴロしていると、明日の筋肉痛は酷い事になるので、小径車で少し走ろう。

  • 根太は、95%できたけど、4分割の根太、本当にドームに入るか不安。
    ドーム屋さんのアンカー穴あけ、ドームの固定の時は、根太は外にないと作業が出来ないので。(汗)
  • 床貼りは、当然、ドーム屋さんが工事を終えて、群馬にお帰りになる時まで出来ないが。1×4材は、190cm。
    スカート部分は外形270cmなので、材料は入るけど、作業の仕方が自分では固まってない。
  • それに、根太に凸凹(コンクリート面の凸凹)がある時、どう調整をやろうか。
    1mmとか0.5mm位の言ってみればクサビのような物を用意して置かないと。
    床板は、最低限なビス止めにして、何時でも外せるようにしよう。
    今日現在、床下配線が見えないので。
  • 最後は、床材の塗装もあるな。
    ドームの中なので、ダークブラウンな塗料を選ぶ事になるな。これは、来週以降の作業だ。

それにしても、直径2700mmで高さ2800mm、かなり大きいな。(汗)
某社の2000mmのプチドームより大きいので、ホッとはしているけど。
ここは、東京までJR乗り換え無しで約1時間のド田舎だけど、まあ、近所の人に指は何本か指されるだろうな。
ドームは目立つ。(汗)


2021-0222 追記

昨日に引き続き、根太の後半3/4、4/4を作った。
最近、ドームの準備で腰を使うことが多く、今日の最後は、死物狂いな形相で、作業を続けた。
根太、太い所は終わったが、3箇所x4枚、1×4を使って、補助の根太を作らないと、床がブカブカして話にならない。
とにかく、こ こ こ 腰が・・・・・今日は終わり。


麦わら帽子がボロで、秋に家庭ごみで出してしまった。
なんじゃ、今日の暑さは。
タオルで、神輿被りして何とか午前中の作業終了。

9時頃、マキタのジグソーが来て、腰痛には助かる切れ味。

ポンチ絵図面どおり、右上だけ2×4材で根太を作った。
コンクリートの仕上げが滑らかで、ほとんど凸凹は無い。

【午前中はここまで】

凸凹してるけど(笑)、子の上に床材(1×4)を貼るので、根太の間に板を入れる必要も無いのだけど、何かで抑えないと、ブラブラして運べない。
ここは、計算違いだった。

午後の2つ目、(右下)は、根太の間隔を27cmにするだけで、最初から円の内側で2×4材をカットしよう(現場合わせ)。
省力化できる。

【午後の作業】

ポンチ絵の左上を作った。
寸法を計らず、現地合わせ(笑)作業効率が上がった。
翌々考えれば、根太はある程度確りしていればOKなので、縦だ横だと気を使う必要なし。
床は19mm(厚さ)x 89mm(幅)を、隙間なく貼るので。(笑)

根太の2×4は、結局2/4で10本使ってしまった。
明日は、腰の具合が解らないけど、不足の材料を買ってこよう。

オヤジ について

昔、柔道4段・剣道3段をいただいた切り、何も貢献できてません。 最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。LINE、FBは、本当、危険なのでやりません。 愛読紙:米国紙1、日経1、神奈川1、夕刊フジ1
カテゴリー: Dome パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。