ドームの内装

2021-0402 追記

ドームを建てる前から気になっていた、ドーム内の気温・湿度の測定。
安いのからそれなりの物まで、色々あるけどこれを購入することにした。

NETATMO(ネタトモ) ウェザーステーション USB付属・ACアダプター無し スマホ対応 温度・湿度・気圧・二酸化炭素・騒音を測定


3月以降、春の天気に代わったらしく、中々、天体観測出来る日が来ない。

 

【追加見積もり】

ドーム屋さんから、正式に追加工事の見積もりが出た。

  • ドームの電動回転装置取り付け
  • スリット開閉の改良工事

おおー金額には目をつぶり、もちろんOKなので契約するけど、当初、思っていた予算の倍必要になった。
工事は、5月連休前の1日(今月末)。 待ち遠しい。
最初の契約で、電動工事付きだと、納期は3ヶ月と言われていたので、早くドームが使えたと言う点では、手動状態で納品で良かった。
まあ、長い間、ドームを使うなら、ドームの水平方向の回転は電動が必要だし、スリットの開け締めも、もっと軽くないとジジイには辛い。(笑)

【ドームの総経費】

ドーム(電動化工事など込み込み)工事、本体込の全体では、何だ神田2数十0万位(笑)になってしまった。

  • ドームが高いのではなく、2年前オヤジがいい加減に作った基礎コンクリート(汗)。これ、全部掘り返して基礎コンクリートをやり直したので、経費がUP(倍)した。
  • 今回、生コン部分だけでも、30~40cmの厚さ(半分は私道レベルの下)にした。

これで、f:2000mmの長焦点でも新幹線の振動を無視出来るようになったので(PHD2で確認済)、全体に掛かった経費には納得してる。

そんな訳で、4月下旬の工事の時は、ピラー脚以外は、一度、全部外に出さないと追加工事が出来ないので、内装でやりたいことは沢山あるのだけど、今は我慢してる。(爆)

【今後、ドーム内を改良したいと思って居ること】

  • 保有している全ての鏡筒を、地震が来ても倒れないように立てる入れ物(木工DIY)
  • ドームを外から見ると30cm x 30cmの四角部分があり、ドーム屋さんに聞けば吸気・排気のダクトを取り付ける所らしい。
    しかし、構造上、ぐるりと一周、ドームを回転させるための遊び部分(空隙)がある。
    真夏の室温上昇を抑えるため、2個のダクトは、両方共吸気にするかも
  • 室温・湿度を、WiFiで仮住まいから監視したい。

取り敢えずは、この位か。

それにしても、ドーム関係の情報の少なさよ。(笑)
検索のキーワードは「Dome」。海外の方の情報は、掲示板などで溢れている。
日本では、スライドルーフが多いのかも。(笑)

オヤジ について

昔、柔道4段・剣道3段をいただいた切り、何も貢献できてません。 最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。LINE、FBは、本当、危険なのでやりません。 愛読紙:米国紙1、日経1、神奈川1、夕刊フジ1
カテゴリー: Dome パーマリンク

ドームの内装 への3件のフィードバック

  1. T-Studio のコメント:

    オヤジさん

    日本の場合機材常設となるとカビ対策で除湿機かサーキュレーターが必要になるかもしれませんね。

    Domeやスライドルーフは日本の天文人口と住環境では設置出来る方が希少だと思います。
    オヤジさんのドーム施工、注意点などの情報が日本語の情報源になるかも。

  2. オヤジ のコメント:

    FBなどでは、グループもあるみたいですが、オヤジはLINEとFBは、昔から余り好きじゃないのでやってません。
    そうなんですよ。Domeの情報、極端に少ないですね。(汗)
    赤道儀は、カバー掛けて4年、特段問題は発生してません。
    鏡筒は、どうなのか、この夏はテストですね。
    既に、使う鏡筒は、ドームの端っこに立てて置いてあります。

  3. オヤジ のコメント:

    経験がなくて、コメント、全く理解できません。
    申し訳ありません。
    私に、何か質問なんでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。