ドーム内外の気温測定など

スライドルーフは、室内の密閉性は良いと思うけど、ドームは、上物がキャスターの上をゴロゴロ動く。
これ、絶対必要な遊びを含め1周には、多くの空隙があって、密閉性を高められない。 なので、小さいファンで室内の空気を入れ替える訳には行かず。 結構、強力な扇風機位の流量が必要かも。

因みに、等価的に、空隙を計算してみると・・・・・

  • ドームの円周  2.7mx3.14≒8.5m
  • 空隙  ≒0.1m
  • 空隙のトータル面積  ≒0.85㎡

ドームの1箇所に、大きな風穴が開いてるようなもんだな。(笑)
こんな風穴があるので、ドームの中をエアコンや換気扇で、コントロールすることは出来ず。
せめて、気休めで、24時間ドーム内外の気温測定などはやっておきたい。

【こんなの買いました】

色々、あって、いままでにも家の中とか外とかで、色々買ったけど納得の行く物は無かったな~ぁ。(笑)

NETATMO(ネタトモ) ウェザーステーション
あちゃらの製品らしく、電源のアダプターが色々あるけど、日本のコンセントでは使えず、無理やり、コンセント雄を半田付けして使えるようにした。

背の高いセンサーが屋内用とかで、これと、我が家のWiFiを経由してPCとかスマホにデーターを送ってくれる。
また、小さいのは屋外用で、これは、屋内用に接続するとつかえる。

現状

  • 屋内用:ベランダの日陰で風が通る所に設置(ドームの外側の気温を測定している積り)
  • 屋外用:これは単4電池2本で1年は持つとのことで、ドームの中の気温を測定。

ドーム表面は、良く見ると、真っ白でテカテカ光っている。
真夏の外気温が35℃とかになる時、ドーム内は、何度位低い温度を測定するか楽しみだ。

何だか、面倒でイライラしてたら、表示するようになった。
スマホはアップルストアーから、WindowsPCはwebブラウザーで表示可能。

こんな感じです。
まだまだ、色々表示しているのですが、取り敢えずここまで。

オヤジ について

昔、柔道4段・剣道3段をいただいた切り、何も貢献できてません。 最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。LINE、FBは、本当、危険なのでやりません。 愛読紙:米国紙1、日経1、神奈川1、夕刊フジ1
カテゴリー: Dome パーマリンク

ドーム内外の気温測定など への4件のフィードバック

  1. タック のコメント:

    オヤジさん、 最近の天候はさっぱりですが、本格始動に向けて着々と準備が進んでいますね。ドームは外装が白色なので、ある程度は温度上昇を防ぐことができると思いますが、湿度は心配ですね。

    うちの2017年3月設置の簡易観測所は真夏には最高湿度 70%、 最高温度42度ぐらいまで上がります。したがって夏場には赤道儀以外の電子機器は室内に避難させていますので、今のところ今のとこと問題なく稼働しています。湿度が高いと錆がでて接点の接触不良がおきたり電子部品の劣化が起きてしまうので要注意です。電子機器だけ防湿用のプラスチック製の箱に入れて湿度対策をするとか工夫が必要かもしれませんね。

    • オヤジ のコメント:

      ノートPCについては、心配してません。
      赤道儀も以前に比べたら、直射がカバーに掛かる事もないし、気温は若干ですが、外気より下がる事を夏場でも期待してます。
      湿度は、なんとも言えませんね。
      鏡筒は、観測の前に鏡筒(EdgeHD800だったら補正板)を拭く位しか出来ませんね。
      この辺は、ひと夏で、具合が悪くなるとは考えてませんので、今年は、今の状態で観測を続ける予定です。
      kさんの現状についても、心強いと思ってます。(爆)

      • k のコメント:

        オヤジさん、

        ウチのNJP、外置き使いで少なくとも15年は経過していると思います(汗)でもとりあえず1260mmでガイド出来ているんですよね、健気というか、、、

        今年の梅雨にオーバーホールに出す予定ですが、中がどんなになっているか!?怖いです〜

        • オヤジ のコメント:

          NJPの現状、心強いです。(笑)
          鏡筒も、レンズなど結露すると厄介ですが、湿度が高いのは余り問題ないかもですよね。
          梅雨にオーバーホール、それは、効率良く確り見てもらえますね。

          それにしても、天気が全然だめで、やる気が無くなりますよ。(汗)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。