4連荘天体観測

4連荘天体観測

連荘中では、昨夜が一番コンディション良かったかも。

昨日は、遠くの銀河狙いとか言っちゃって(笑)
Solvingで、位置が出ても写って無い。そんなこんなの5時間だった。

一つだけ、NGC78331だけ、銀河らしきものが見えたので、コンポジットしてみた。

【機材】

  • AZEQ6GT
  • EdgeHD800
    • OAG
      • 主カメラ:ASi071MC Pro.+ZWO_EAF+QBP-filter
        -10℃に冷却
      • ガイド:ASI174MM Mini
  • MacBookPro + Windows10PC(ステラナビ+ステライメージ用)

【NGC7331】

180sec. x 30 枚

【メモ】

  • 昨夜は、突然の遠くの銀河とかになったけど、冷却のスイッチも入れず、長い時間を費やしても、ノイズがすごくて、全然ペケ。
  • M27とか、明るい対象だと気にならないが、S/Nが低いと太刀打ちできない。
    それに、INDIでNGCとかICとか・・・、やったことなかったのでその辺のお勉強もやらないと。

4連荘天体観測」への2件のフィードバック

  1. こんにちは。

    2億光年越えですね!
    遠い奴はひたすら露出時間を稼ぐ事なんで、根気が必要です^^;
    とは言え、ほとんど放置撮影なのですが。。
    私の場合も、Plate Solveで位置出ししても、1枚画像なら何が写っているのか分からない場合がほとんどです。
    しかし梅雨明け後の4連チャンで思いっきり楽しめましたね!!

    1. 少しづつ、趣味エリアも拡大しないとつまらないですもんね。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。