デカい赤道儀に交換するぞ #2

今日は、ドームの中にある基部だけでも75kgあるコンクリートピラーを表に出して、根太と床をぶっ壊す。
幸い、台風8号崩れで、時々北寄りの涼しい風。
でも、ここまで、出来るかどうか。(汗)

【75kgコンクリートピラーを出す】

これを、やらない限りは、その先は無いので、ここ数日、作業手順をあーでもない・こーでもないと、寝ないで考えていた。

前、ちっこいユンボを軽トラに乗せるので、アルミの台を2本買って置いたのだけど、これを使ってドームの外側には、ドームスカートより数センチ高い台を用意。

これ、朝、ドームの前で閃いた作業手順。(汗)
まさか、こんなに簡単に出せるとか。テコの原理を多様したので、腰痛はダメージ無し。

【根太+床板の撤去】

頑張って作ったんだけど、ぶっ壊し!(爆)

これは、単純作業なので、途中、仮住まいに帰るのも面倒なので、半分床板を剥がした所で、冷水をがぶ飲みし青空見ながら昼寝。

と、言う訳で、ドーム無いは、群馬のドーム屋さんが設置+電動化してくれた所まで、逆戻り。
作るのは半月、壊すのは4時間。(汗)

さて、EQ8GOTOは、何時、来るのだろう。(汗)

オヤジ について

昔、柔道4段・剣道3段をいただいた切り、何も貢献できてません。 最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。LINE、FBは、本当、危険なのでやりません。 愛読紙:米国紙1、日経1、神奈川1、夕刊フジ1
カテゴリー: DIY パーマリンク

デカい赤道儀に交換するぞ #2 への6件のフィードバック

  1. TANKO のコメント:

    さてさて、どんな大型赤道儀と置き換わるのかいなと思っていたら、EQ8でしたか。
    この赤道儀、重いですよお。
    名古屋名物の「ういろう」と同じく、単価あたりの重さではトップクラスではないかいな。

    • オヤジ のコメント:

      TANKOさんの全部載せBlogを拝見して、心が動いてしまいました。

      https://blog.goo.ne.jp/tankosan_001/e/5faed816a630780c94b443a877b0c08f

      こんど、どんな金具を使って全部乗せを実現されているのか、組み立て途中の写真等がありましたら拝見したいです。

      コロナが大元なのか良く分かりませんが、大型の赤道儀、色々あるけど、在庫ないんですよね。国内・国外、メール爆弾しました。
      来年3月と言ってるけど、それも怪しいとかEU域内のショップさんからもメールもらいました。
      そんな時、1台在庫確保できそうとメールがあり、飛びつきましたよ。
      それが、EQ8GOTOでした。(笑)

      耐荷重20kgだと、色々、乗らないのもあるので、そう言う訳で、思い切って取り替えることにしました。
      まあ、三脚に赤道儀を乗せるのは一度だけなので、何とかなるかと思ってます。
      耐荷重50kgだと、保有鏡筒全部乗せても余ります。(笑)

  2. TANKO のコメント:

    EQ8赤道儀に載せているのは
    https://www.admaccessories.com/product/dsbs-dual-d-series-side-by-side-system/
    にあるようなスタイルです。
    この写真の構成では左右の2個のアリミゾがVixenタイプとロスマンディタイプの両方に対応しているものになってます。
    カナダのCanadian Telescopeというショップで買いましたが、今は存在していないようです。

    私の構成ではEQ8に10cm屈折と20cmRCを並べて載せてますが、どちらもVixenタイプなので、アリミゾはVixen専用のものを買いました。しかし、両用タイプのほうが将来性を考えると良かったと少し後悔してます。
    Borg71FLを載せる場合は10cm屈折の鏡筒バンドの上にアリミゾを付けてあるので、それに載せてます(普段は載せてないです)。
    ガイド望遠鏡は20cmRCのファインダー用アリミゾを使って載せてます。

    • オヤジ のコメント:

      TANKOさん
      ご親切に、お教えいただきありがとうございます。
      オヤジは、FS60CBも、Losmandy規格のアリミゾなので、取り付けは楽でした。
      でも、今まで耐荷重が20kgだったので、付けたり外したり。
      結構、やってましたが面倒でした。(笑)
      今、40cmのプレートがあるので。最低、4個(3個かも)は乗せられるので、これからは楽しくなります。
      明日、来るのでワクワクしてます。(まるで、餓鬼ですね)(汗)

  3. TANKO のコメント:

    EQ8に付属の三脚は使わない予定なんですね。
    ごっつ丈夫で、三脚受けの部分で水平調整が、ピラー部分で高さ調整ができるので、一応は便利なんですが。
    いっぱい望遠鏡を載せるのであれば、ドーム内壁にぶつからんように、架台の高さは慎重に決めないといかんかも。
    バランスウエイトの追加が必要になるかも。

    • オヤジ のコメント:

      最初から、数日前までは、VU300塩ビ管に、三脚一式沈めてモルタル漬けの積もりでした。(笑)
      根太や床板外し・床ペンキ塗り等など、まだ、7月だと言うのに、もう、夏バテ気味。
      で、当面は、三脚そのまま店を広げる積もりです。
      ただ、足3本を広げると、キャスター付きの椅子が移動時邪魔かもです。
      不動点(185mm)を考慮して、東側は5度以下から見通せるので、ギリギリの高さで使って見たいと思います。
      一番長いSD115Sでも全くの余裕のドームですが、バランスウェイトは、AZEQ6GTで1個(5kg)別に買ったのがあるので、穴あけ(32mm)を鉄工所に頼もうかとも思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。