ASI071MC PRO.保護ガラス掃除

【2021-1120 追記】

元々SD115S+OAG+ASI1600MC Coolはピントがギリギリ(光路長が長すぎ)だったのだけど、ASI071MC Pro.は、更に自身の光路長が数ミリ長く(ASI1600MC Coolに比べ)、100m離れてるガレージで筒を5mm削った。
ピントも出て、冷却したけど、サメの背びれは、出現しなかったので、ホッとした。
写真のとおり、保護ガラスのごみが3個あるので、明日、明るい時間にもう一度お掃除をやりたいと思う。

これで、APS-C復活だ。

【2021-1119 追記】

そういえば、冷却カメラ8台もってるけど、乾燥剤って、換えたことなかった。
硬いお皿に落とすと、水分を吸ってる鈍い音、で、800Wのレンジで20秒。
もう一度、お皿に落とすと、乾燥剤も硬い音が。
で、元に戻した。

【2021-1119 】

半年前だったか、冷却プラマイ0℃にしたら、サメの背ヒレのような模様が出て、その前にも、冷却するとサメの背ヒレが出現。

何時もなら、ショップさんに有料で掃除して貰う所だけど、商売繁盛でとてもじゃ無いが掃除はできないとの事。

普通だと、ZWOに送って掃除して貰うのだけど、ショップさん曰く半年は普通に掛かるとの事。

それで、戸棚に放り投げて置いたのだけど、もう半年も使ってないので、壊れた積もりで、掃除をしてみることに。

当然だけど、最初は、保護ガラスが汚れている前提。
多分、センサーの掃除、オヤジには無理。(汗)

早速、一番外側の2”で回るアーレンキで恐る恐る3本のネジを外したら、望遠鏡やOAGに接続する所のアダプター部分がボロッと外れた。
下の写真はそれ。
ゴミは付着しているが、最初、どこかで見た・・・・そうそうサメの背ヒレだ。
それ、どうも愛猫の毛だった模様。(オヤジの鼻息で飛んだか)
冷却した時だけ出現するサメの背ヒレ。
0℃を超えると、毛の周りが凍るのか。

お掃除道具、総動員して、保護ガラスを掃除。
しつこく残った1点のゴミ。仕方なくアルコールで浸し、2分後、キムワイプを尖らせて、当てたら取れた。(やれやれ)

太陽の日差しにかざし、液晶面も見たが、昼間の世界では汚れは無い模様。

そんな訳で、昨日、偶然、ジャンク箱に入っていたBORG71FL+OAGに繋いだ。
昼間の遠くの景色でピントは出ていたので夜になったら、テストしてみよう。(フィルターは付けない)

さて、蘇ることができるか。

とりあえず、景色が撮影できたので、カメラは壊れてないな。(笑)

オヤジ について

昔、柔道4段・剣道3段をいただいた切り、何も貢献できてません。 最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。LINE、FBは、本当、危険なのでやりません。 愛読紙:米国紙1、日経1、神奈川1、夕刊フジ1
カテゴリー: ASi071MC Pro. パーマリンク

ASI071MC PRO.保護ガラス掃除 への6件のフィードバック

  1. T-Studio のコメント:

    オヤジさん

    センサーまわりの掃除は神経つかいますね。
    一眼デジカメみたいなクリーニング機構があればよいのですが。。。

    • オヤジ のコメント:

      カメラを、抜いたり・挿したりすると、どうしてもゴミが入り込みますね。
      それで、付けっ放しが多くなり、鏡筒の数・・・(汗)
      一番、頼りにしているAPS-Cだったのですが、6ヶ月。(汗)
      でも、多分、使えるようになったので、早く星をみたいです。
      落胆していた6ヶ月、あれは、間違いなく猫の毛1本でした。

  2. 玉川秋雄 のコメント:

    玉川と申します。
    過去の日記にコメントしようとしたら、コメントすることができませんでした。
    「ニワトリ」の意味を教えてください。
    よろしくお願いします。

    • オヤジ のコメント:

      玉川さん、それは失礼いたしました。
      WordPressを使い始めて6〜7年ですが、未だ、使い方が良く分かってません。
      初めての方
      最初は、承認待ち、2回目以降はダイレクトに書き込みできる設定にしてるのですが。(汗)

      それに「ニワトリ」ですよね。
      オヤジ、天体観測は2014年11月からですが、当時、「ニワ=庭、トリ=撮り」をコメントでいただいて、同じ質問をした事を思い出しました。
      都会(ここは田舎ですが)で明るいけど、庭で撮影した星ですと言う意味だと思います。
      突然、使って面食らったのですね。
      申し訳ありません。

      • 玉川秋雄 のコメント:

        「ニワ=庭、トリ=撮り」でしたか。
        そうかもしれないとも思ったのですが、「天文 ニワトリ」で検索すると、
        「走るニワトリ星雲」というものがヒットしたので、そちらかもしれないと思ったりしました。「走るニワトリ星雲」は、どう見てもニワトリには見えませんでした。
        今後ともよろしくお願いいたします。

        • オヤジ のコメント:

          どの世界でも似たような事あるでしょうけど、彗星に面白い名をつけたり、結構ありますね。
          彼女かなと思ったら、某社望遠鏡だったり。
          学生時代、色々やってましたが、落研に在籍してましたので、以外に、この言葉遊びは好きです。
          その割には、誤字脱字オンパレードですが。(汗)
          以後、よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。