ASIAIR Plus 2台目の設定(Station Mode)

最初の1台目
室内テストで、AZ-GTi(WiFiモード)が出来なくて数時間焦った思いがある。
が、その後、EQ8PROに使っているので、WiFiも無く問題ない。

海外から取り寄せたiOptronの小さい赤道儀、これもAZ-GTiと同様にWiFiが付いている。
良く分からないけど、前回の失敗(成功したんだけどね)を繰り返さないために、メモを書いていたので、今回は、1発で動いてくれた。

iOptronの隅々まで知りたい訳でなく、ASIAIR Plusからコントロールして撮影ができれば100点。

動作確認を兼ね、すべてのパーツを使ってみたが問題なし。
時間が10分位ずれていたので、修正したが、DST =Nが分からないので、ググったら、何だ米国夏時間の事か。(笑)

  • タブレット(iPad Air)でASIAIRアプリを起動して、ASIAIR PlusのWiFiに接続
  • Station Modeで、iOptronの赤道儀のWiFiを設定
  • Mountとの接続はSerial Baud 115200

これで繋がるはず。

呆気ないほどに接続、操作できたが、残念なことに、ハンドコントローラーを介在させないと、ASIAIR Plusとは、USBで繋がらない。
まあ、大きなSerial/USB変換機だと思って吊り下げておこう。

今まで、ハンドコントローラーは、使うことが無かったので、面倒だと思ったが、Serial/USB変換機なので、割り切ろう。

それと、赤道儀の電源部コネクターは確か、主な仕様

  • 内径2.1mmΦ
  • 外径5.5mmΦ

だったと思ったが、スイッチングレギュレーターからのケーブルをつないでも電源LEDが点かない。
ASIAIR Plus 付属の電源ケーブルならOK。
このプラグとジャックは、本当、面倒臭い。!

そうそう、CEM26には、iPolar をオプションで付けて貰ったので、これについては、次回。
今まで、AZ-GTiにもPoleMasterをつけられるように、他、全ての赤道儀にアダプタを付けてあるんだけど、オヤジと同じで、よれよれになってきたので、これに置き換えようと思ってる。

形状からして、付け替えできる、そう、リカちゃん人形にように・・・・
知らんけど。

オヤジ について

昔、柔道4段・剣道3段をいただいた切り、何も貢献できてません。 最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。LINE、FBは、本当、危険なのでやりません。 愛読紙:米国紙1、日経1、神奈川1、夕刊フジ1
カテゴリー: ASIAIR Plus, iOptron CEM26 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。