リモート観測に必要な、鏡筒が何処を向いているのか、カメラを使って

ドームの水平回転は電動でできるようにした。
ASIAIR Plusを使うと、撮影直前のSolverで星が見えないと不味い。
ドームに横付けした車の中からドームスリットの空いてる方向を確認するため、ATOM Cam2を鏡筒に付けてみた。

まだ、実践をしてないので、一応、セットしてみた状態。
今、ドームにはFOT85が赤道儀に乗っているので、これのバンドに鉄製の薄い板を取り付けATOM Cam2の磁石でぺったんこ。

序でに、12Vを5VにするBOXも作ったが図体がデカいので、USB2は全然使っていないので、これから給電したらどうなのか、テストしてみた。

  • ASIAIR Plus +カメラの冷却で =560mA
  • それに、カメラの白いケーブルをUSB2に接続 =610mA
  • と、言うことは、約5V/50mAをカメラが使っていることになる。

電源を別から取るのも面倒だしこの状態で様子を見よう。 

FOT85だから、先頭のフード部分は80mm+数ミリ。
それにしては、反射のデカい鏡筒のように見えるけど、まあいいか。
もう少し、広角でも良いかな。(笑)

ワイヤレスボタンを首に吊り下げ、車中からテストしてみたが、どうもスマホで動画を撮ることができず。でも、次の観測では、これでやってみようと思うが、夜、真っ暗になった時、同じように判別できる画像を表示できるか、それが問題だ。

アナログなドーム、色々、楽しめます。(汗)

 

 

オヤジ について

昔、柔道4段・剣道3段をいただいた切り、何も貢献できてません。 最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。LINE、FBは、本当、危険なのでやりません。 愛読紙:米国紙1、日経1、神奈川1、夕刊フジ1
カテゴリー: Dome, DIY パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。