ATOM Cam2 雨が入り分解

このカメラは、天空をモニターするので、ドームの外の基礎コンに直置きで天空を向けていた。
写真は、難しいですが、ゴミで出す前に「何で水入ったのか」壊してみた。

2ヶ月経過、半月辺りからWiFiが見えないと言うから、何時かリセットやり直しと思っていた。

1枚目の黒いプレートは、両面テープで、接着してある。
壊すので、開けられたけど、修理だと、無理です、怪我します。
やらない方が良い。

4辺、オレンジ色のゴムで防水なのか。

両面テープを剥がした所も水玉が見える

ケースの中、雨粒大の水滴10個は入ってた。
その前に、かなりこぼれ出てたけど。

色々、ATOM Cam2は、後3個使っている。
真上を向いているのは、これだけで、他は、水平かそれより低い使い方。
この1個以外は、何も問題ない。

オヤジ について

昔、柔道4段・剣道3段をいただいた切り、何も貢献できてません。 最近は、天体観測・ロードバイク・DIYに明け暮れてます。LINE、FBは、本当、危険なのでやりません。 愛読紙:米国紙1、日経1、神奈川1、夕刊フジ1
カテゴリー: DIY パーマリンク

ATOM Cam2 雨が入り分解 への5件のフィードバック

  1. T-Studio のコメント:

    オヤジさん

    私も見守りカメラ購入しました。(機材の見守り+可能であれば流星観望)
    セールで安かったのでSwitchBotの首振りタイプにしましたが、ATOM Camのほうが感度良さそうですね。
    近々外に出して試してみようと思います。

    • オヤジ のコメント:

      T-Studioさん、お暑うございます。
      突然、32℃ 98% 参ってます。
      このカメラは2ヶ月真上に向けてました。もう1つ、真上に向けてるのがあったのですが、こちらは1年近く真上向いてましたが無傷です。
      レンズの一番近い外周部分に何か塗っておいた方が良いのかも。
      瞬間接着剤でも良いかもですね。
      当たり・外れの、外れだった模様です。
      今、ドームの中に置く、広角のカメラでLANケーブルでHUB経由でMacBookProで見える物を探してますが、有線接続でも、アプリがiOSだけで、難儀してます。
      Macの画面に表示されていれば、PLC回線でリモート接続でモニターできるのですが。
      何か、良い物無いですかね。(汗)

  2. T-Studio のコメント:

    オヤジさん

    この手のカメラはスマホアプリだけのものが多いようですね。
    (私の購入したものも同様です。)
    IPカメラと呼ばれるようなカメラだとPCで制御できます。
    (ガチの防犯カメラ系です。アマゾンやAliで購入ですかね。)

    • T-Studio のコメント:

      追伸
      IFFTとかいうWebサービス使うとPCとかでも制御は出来るようですよ。
      スマホアプリよりは出来ることは限定されるでしょうが。。。

  3. オヤジ のコメント:

    数千円のWebカメラ(USB-C)を、INDI(観測)と同じMacに置けば、リモートから見えますね。
    これで、当初、やることにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。